大量のメールアドレスを配信していると、メールの到達率が激減します。

また、エラーメールアドレスをクリーニングすることで、
メールの配信費用を節約することができます。
1回の投資で何倍にもなって帰ってくることがほとんどです。

月額費用10万円×12ヶ月=120万円
エラーメールアドレスクリーニング費用5万円+月額費用6万円×12ヶ月=72万円
⇒上記の例で、年間48万円もの節約をすることができます。

【1】データベースクリーニング

過去、エラーになったメールアドレスのリストと照合して、一致したメールアドレスを除外する方法。
(エラーアドレスを蓄積しているメール配信サービス事業者ができる方法)

【2】ステルスクリーニング

メールを送信せずにサーバーに問い合わせをして、存在しないメールアドレスを除外する方法。
多くのメールサーバーで対応していなく、現実的に携帯メールアドレスのみ対応している方法。
(専用のシステムが必要)

【3】メール送信クリーニング

エラーメール管理機能付きの安いメール配信サービスを契約してするなどして、
メールを数回送り、エラーになったメールアドレスを取り除く方法
(自分でできる方法)
※当社では、安定したメール到達率を提供するため、大量のエラーメールを発生させることを禁止事項とさせていただいています。

時間とお金を節約して、クリーニングをしたい場合

1と2に対応しているオレンジメールクリーニング をご利用ください。