オレンジフォーム【ビジネス版】(有料)をご利用のお客様の場合、Googleスプレッドシートと連携しフォームからの登録があったお客様データを指定したシートへ自動投稿することができます。

設定前に必ずお読みください。

  1. 新規に投稿されたデータにのみ対応しています。既存データを編集した場合は書き込まれません。
  2. 該当シートにまだデータが書き込まれていない場合のみ、自動で項目名を出力します。
  3. 該当シートをご自身で編集する場合は、最終書き込み行よりも上の行へお願いします。
  4. 設定後は必ずご自身でテスト投稿を行ってください。
  5. 書き込まれるデータの先頭列は必ず「登録ID」となります。

フォーム新規作成時には、Googleスプレッドシートを新規に作成し、何も書き込みがない状態で設定を行うと自動的に項目名、データが登録され、とても便利です。

すでにデータがある場合には、データが書き込まれてる最終行の下に登録データが自動的に追加されていきます。その場合、必ず先頭行が登録IDになります。テストを行って確認後、既存の登録データについては、CSVダウンロードを行い、連携しているシートの項目に合わせてコピー&ペーストで表を作成してください。

 

Googleスプレッドシート連携設定方法

1. Googleスプレッドシートと連携させたいフォームの管理画面より[連携設定]>[Googleスプレッドシート連携]を選択します。

 

2. スプレットシート連携設定画面が表示となります。[Googleスプレッドシート連携]>[有効]にチェックマークを付け、[Googleアカウントの選択]>[新規に設定する]を選択し、[Googleアカウントの設定をする]ボタンをクリックします。

[Googleスプレッドシート連携設定]

 

3. Googleアカウント認証画面が表示となります。オレンジフォームと連携させたいGoogleアカウントでログインし認証の許可を行います。

 

4. Googleアカウント紐づけの完了後、オレンジフォーム上で識別するための名前を設定し、[設定を保存]するをクリックします。

[Googleアカウント設定]

 

5. 設定が完了しましたとメッセージが表示となり、[Googleスプレッドシート連携]>[有効]、[Googleアカウントの選択]>[設定済みのアカウント]、[設定名]>[設定した名前](4で設定した名前が表示となります。複数のアカウントがある場合にはドロップダウンリストから選択・変更することができます)、[GoogleスプレッドシートURL欄]にフォームからの登録データの書き込み先シートのURLをコピー&ペーストし、[更新]をクリックします。

[Googleスプレットシート連携]

スプレッドシートを新規に作成し、URLをコピーしてGoogleスプレッドシートURLへ貼り付けます。以下の例は、何も書き込みがない状態で設定をしています。

 

6. 「Googleスプレッドシート連携の設定を更新しました」とメッセージが表示され、設定の完了を確認後、必ずテスト投稿を行ってください。該当フォームの管理画面に戻り、[フォーム表示]をクリックし、フォームのプレビューが表示されたら実際に投稿を行い、[確認]>[送信]を行います。

[フォーム投稿テスト]

 

7.登録データは即時、連携したスプレッドシートに以下のように反映されます。反映されなかった場合には、再度設定をご確認ください。先頭行は必ず登録IDになります。

[テスト結果]

すでに既存のデータがありGoogleスプレッドシートに統一する場合、CSVダウンロードを行い、項目を合わせてコピー&ペーストを行ってください。以下サンプルCSVダウンロードデータの項目の並び順です。登録IDが最後から2行目となります。それを最初の行へコピーして、他の項目データをコピーしてください。

[CSVダウンロードデータ]

 

8. テストが完了したら設定は完了です。以降、最終書き込み行の下に登録データが自動的に書き込まれます。シートをご自身で編集する場合は、最終書き込み行よりも上の行へお願いします。

 

まとめ

オレンジフォームとGoogleスプレッドシートを連携することによって、顧客管理やデータの管理が簡単になります。いままでオレンジフォームで処理済みのチェックを付けたり、登録が増える毎に、データをCSVダウンロードしていたという作業を省略することができます。オレンジフォームビジネス版をご利用のお客様は、ぜひ、このGoogleスプレッドシート連携機能を登録データ管理にご活用ください。