「品質の高いメール配信、品質の低いメール配信」とは?

・品質の高いメール配信とは、メール受信者に喜んでもらえる配信
・品質の低いメール配信とは、メール受信者に嫌がられる配信
上記を指します。

「メール受信者に喜んでもらえる」「メール受信者に嫌がられる」メール配信かどうかは、
メールの件名や本文の文章だけなく、メールの配信頻度、
メール受信者と関係性構築ができてるかなどが主となりますが、
まずはメール配信を行う前に、配信許可(オプトイン)をしっかりと取っているか
などを考慮する必要があります。

なぜ、「品質の低いメール配信」が禁止なのか?

「品質の低いメール配信」=「メール受信者に嫌がられる配信」
を行うと、メール受信者が「迷惑」と判断し、「迷惑メール」ボタンを押すことで、
次第にメールが届きにくくなっていきます。

また、品質の低いメール配信をされたご本人だけでなく、
次第に、弊社メール配信サービスをご利用いただいている皆様のメールが届きにくくなり、
多くの方にご迷惑をおかけすることになるため、
「品質の低いメール配信」=「メール受信者に嫌がられる配信」
は、お断りさせていただいております。

そして、そもそも、私たちは、人として、
人に嫌がられることの支援はしたくはありません。
逆に、人に喜ばれることの支援はどんどんしていきたいため、
「品質の高いメール配信」=「メール受信者に喜んでもらえる配信」
は大歓迎です。

「品質の低いメール配信」は、どのようにして決まるのか?

「品質の高いメール配信」=「メール受信者に喜んでもらえる配信」
「品質の低いメール配信」=「メール受信者に嫌がられる配信」
であり、「人」に関することなので、ここに絶対的な正解はありません。

では、「品質の低いメール配信」は、どのようにして決まるのでしょうか?

「品質の低いメール配信」は、
・メール受信者が「迷惑メール」ボタンを押す確率(コンプレイン率)
・弊社へ「迷惑メール報告」がなされた確率
などを参考指標にさせていただいています。
※逆に、「品質の高いメール配信」は、クリック率の高さを参考指標にしています。

これらから逆算して、経験的、統計的に
「品質の低いメール配信」を判断させていただいています。

「品質の低いメール配信」をしないために、どうしたら良いのか?

「品質の低いメール配信」をしないためには、次の要素が指針となります。

・メールの件名・・・メールを受信した方に受け入れてもらえる件名になっているか/不快な件名になっていないか
・メールの内容・・・喜んでもらえる内容か/嫌がられる内容でないか(「迷惑メール」ボタンを押される内容か/そうでないか)
・配信許可取得の有無(オプトイン)・・・きちんと配信許可を取っているか。メール配信を行うというように、わかりやすい記載がなされていなく、配信許可を取っていない場合、「迷惑メール」ボタンを押されやすくなります。
・配信者と読者の関係性(エンゲージメント)・・・日頃、メール受信者に喜ばれる配信をしていて、メール受信者との関係性構築ができているかどうか
・配信者の信頼性・・・上記とも関連しますが、メール配信者に信頼されているかどうか
・配信頻度・・・1日に何度も配信するなど、メール受信者に嫌がられる配信頻度になっていないか?あるいは、月1回程度の配信だったメルマガが、突如、毎日配信に変わるなど、メール受信者が想定している配信頻度になっているか?配信頻度が高い場合、メルマガ登録時点(オプトイン時点)で、メール配信頻度を明示することをおすすめいたします。
など

※補足
・オプトイン(opt-in):optとは「選ぶ」「決める」という意味です。そこから転じて、メール配信における「オプトイン」とは、メールの配信許可を取得するという意味になります。
・オプトアウト(opt-out):メール配信における「オプトアウト」とは、メールの配信許可を取り消す、配信拒否するという意味になります。
・エンゲージメント(engagement):engagementとは「約束」という意味です。そこから転じて、メール配信における「エンゲージメント」とは、メール受信者との関係性、絆(きずな)と言った意味合いになります。
(ご参考)
http://salt.iajapan.org/wpmu/anti_spam/universal/measure/optin-optout/

以上となります。
よろしければ、こちらも参考になさってください。
https://support.orange-cloud7.net/antispam.html