配信したメルマガに対して「このメッセージは詐欺である可能性があります」と識別される場合があります。

仕様が公開されていませんが、
金融系の言葉を多く使用し、迷惑メールボタンを押された回数が多いと発生することがあります。

【回避策】
・差出人のメールアドレスを新しくする
・迷惑メールボタンを押されるような配信を行わない
・金融系の言葉をあまり使わない

読者がGmailの場合の対応は、こちらを参照してください。
https://support.google.com/mail/answer/1074268?hl=ja