■関連するFAQ
オレンジメールのメール到達率向上対策

 

●メール配信時の対策

  • 差出人アドレス(From)に、Yahoo!、Gmail、Hotmailなどのフリーメールを使わない。
  • 差出人アドレス(From)に、@niftyなどの大手プロバイダのアドレスを使用する。
  • メールの件名や本文に、スパムメールに書かれいるような用語を使わない。

●運用での対策

  • エラーメールを解除する。(オレンジメールの場合、エラーメールの処理は「自動」にされることを強く推奨します。エラーとなるメールアドレスへの配信が、最もメールの到達率を低下させます。)
  • 差出人のメールアドレスを読者にアドレス帳に登録してもらう。

●メール配信サーバー側での対策(以下、専門家向け)

  • 配信サーバーのIPアドレスのクリーニングを行う。
  • DomainKeysを設定する。
  • Sender IDを設定する。
  • DKIMを設定する。
  • SPFを設定する。
  • 以上が基本的な対策となります。他に細かいノウハウがありますが、企業秘密のため省略させていただきます。

※1:定期的にIPアドレスのクリーニングを行っている、メール配信ASPが最もメールが届き安いです。※2:オレンジメールは定期的にIPアドレスのクリーニングを行っています。
※3:安価な共用サーバーに設置したメール配信ソフトの場合、同一サーバー内にメールの一斉送信または迷惑メールの配信を行っているユーザー数が多いため、IPアドレスが汚れやすく、すぐにメールが届きにくくなります。
※4:VPSや専用サーバーに設置したメール配信ソフトの場合、最初はメールが届きますが、定期的なIPアドレスの庫裏に―人具を行っていない場合、次第にIPアドレスが汚れていきます。徐々にメールが届きにくくなってくるのは、このためです。定期的なIPアドレスのクリーニングが必要になります。